古川本舗、活動再開ありがとう

ちょっと今更感ですが、せっかくブログ始めたので書きたくなって。

 

「知らない」

https://www.youtube.com/watch?v=8TFn6Xpk4a8

知らない

知らない

  • 古川本舗
  • J-Pop
  • ¥255

夜によく聴いてます。

緊張がゆるんで、落ち着く。

初めて聴いたときは、素人目にもこの洗練されたサウンド、空いた口が塞がらなかった。素敵すぎる。

デジタル配信だけなのはもったいないと思って。音質良くしてほしい、切実に。

 

古川本舗の曲はずっと特別でした。

多くのものを教わった。出会えて人生変わったと思ってる。感謝しかない。

ブログ開設の思い

 

 

どうしてブログを始めたのか。

 

このごろ文章書いてないなと思ったからっていうのがまずあります。

文章の種類はいろいろあると思うので一括りにできないけど、やっぱり書き慣れてないと書こうと思った時大変よね、みたいな。

どんな仕事や活動にも文章書くって必要かなって。だったら慣れておきたい、ってそんなふわっとした目的は念頭にありました。

よく、インプットとアウトプットのバランスが悪いと調子崩すとか、アウトプットしてないインプットは質が悪くなるとか言うし。

 

いや、もっとシンプルに、交流や発信をしてみようと思ったっていうのはある。

今なかなか生身で会って話しをするのも難しいし、リアルの交流範囲だけでなくネットを使って少し範囲を広げて、そこで興味を持って出会ってくれた人と交流できないかな、と思って。

 

でもなにより、自分が見聞きしたり読んだり体験したことがどんどん流れていってしまうことが惜しくなったんだと思う。

自分の主観だけの割合が大きく占めるようになっていくと(間主観性が乏しくなっていくと)、どんどん現実味がなくなっていってしまって、それが私はこわいのです。だから、私の主観をひとに対して意識的に明かすことをしていた方が、自分の意識状態は良いものになりそうな気がするんですよね。本当は対面で話した方が効果は大きいんだけども。

 

あとそれと関連してるかもしれないけど、中学生、高校生の頃はエッセイや個人ブログを読むのが結構好きでした。どのような思いで生きている人がいるのか知れるところが。

なので、自分がどういう思いで生きているか、生きている実感のようなものや、気付いてみて興味深いと思ったもの、そういう自分の感覚的なことや、思ったことを書いていってみようと。それはわたしが自分を発見することにもなってくれるだろうし。

わたし自身、さまざまな本やネットの投稿で出会った言葉と共にここまできたなと思うので、わたしの投稿もどなたかの直接・間接のなにかの出会いになってくれたら幸いだなぁと思っています。そういう意図的・無意図的なさまざまな言葉との出会いの不思議ってありますよね。

 

つまりは雑記ブログです。

また書いていく中で変わっていくものと思います。

初投稿〈自己紹介すこし〉

ブログを始めてみます。

はじめまして。

最初なので書いてる人の自己紹介を。

 

小・中学校はオール不登校フリースクールなどに通ったりもしました。高校は通信制を卒業。

聴覚過敏があったり、(後に知ったことですが)偏食で質的栄養失調状態のメンタル不調、体力の無さなどが大きな要因だったように思います。他にもさまざまな条件が重なっていたとは思いますが。

大学受験しようとするも、高校でふたたび心身の調子を崩し断念。心理学の一般書を読んでいて「これをもっと早く知りたかった」と思い、通信制の大学で心理学を勉強したりしてます。

分子栄養療法の実践やヨガ、自主的な心理教育などでだいぶ回復したので、これからどうしていけるか模索中。自分とよりよく付き合っていきたい。

最近は、短期バイトを経て、バイトを始めてみました。体力がついたのを実感できて嬉しいです。新しいことをやるのも思った以上に楽しい。

 

今まで、ひきこもり、HSPASD、ギフテッドなどの方々のお話に、それぞれ部分的に共感を覚えてきましたが、この辺りは定義的にも議論あるのだろうと思います。現在わたしとしては、どれっていうより当事者意識を持つ人同士つながるためのキーワードくらいに思ってます。結局は十人十色、人それぞれですよね。

 

こんな感じです。

ひとつよろしくお願いします。

 

ブログ開設の思いなどは次回の記事にしたいと思います。

お読みいただきありがとうございました。

コメントは、お返しできるかはわかりませんが、お気軽にどうぞ。ひとことでも嬉しいです。